Jules†寄宿舎

「女性が創る透明で美しい少年世界」をテーマに、 演劇、映像作品、イベント企画をしている、Jules†少年達の日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Jules†ジュール誕生秘話<番外編>

劇団名Jules†ジュールは、どうしてJules†ジュールと名づけられたのか・・・?

はい、「主な由来」はフランス人作家のJules Verne(ジュール・ヴェルヌ)。月世界旅行 (De la Terre à la Lune )の作家です(直球や)。
伊東が集団名を決めかねて机に積みあがっていた本たちを繰りながら、そのあたりの作家のもの+初期の映画や幻灯機(マジックランタン)に関する本+タルホニアなどの稲垣足穂の映画論などなど。ぱらりらとそれをめくった伊東の目に飛び込んできたのが、お月様の目にロケットが飛び込んでる「月世界旅行」の映画の一場面。
jules_1.jpg
伊東「あー、これ知ってる!乃木坂のラ・カメラ(現在は下北沢)でこのシーン見た♪ 
    ・・・これって誰の作品?」
女「ジュール・ヴェルヌ」
伊東「おぉー・・・(としばらく大文字小文字カタカナ色々紙に書き散らす狩野)
    うん、これに決めた♪”Jules”!」(早っ!)

いろんな面白すぎる逸話が合って、どれが本当の話なのかわからない謎の作家。今年没後101年に当たるのを記念して(何で100年記念ぢゃないのか?それもヴェルヌらしい気も・・・)日本ジュールヴェルヌ協会が設立されるとかダヴィンチコードにも影響を与えているからヴェルヌコードが発売されるとか今年はジュールが動くらしいぞ!!(真偽不明(笑))
jules_2.jpg
読んだことがなくてもナンカ聞いたことある名・・・って人が多いかも。某ネズミーランドの海のほうでも名前を見つけることが出来ますし、ノーチラス号はじめ今の映画やゲームや実際の潜水艦や飛行機などに、ヴェルヌ作品に登場するものの名がそのまま付いているものが多いんです。なぜか?・・・それは、“彼の作品を読んで科学に興味を持ち、そのまま本当の科学者になった少年達”が本当に多いからです!!。

19世紀後半の帝国主義・植民地時代に入った西欧世界の少年達は、その征服物語をわくわくと聞いて育ち、また科学も発展を始め、飛行機・潜水艦・月ロケットなど、科学の力をもってすれば「夢のようなもの」がこの手に出来ると世界中が胸躍らせていた頃。(ヴェルヌはその作品の中で19世紀の科学知識を元に、宇宙旅行、潜水艦、ヘリコプター、空調設備、誘導ミサイル、映画、などの出現を実際に予言しています。)
最初期のSF作家ヴェルヌの与えた、未知の夢の世界への影響はそれは大きかったことでしょう。

11歳のときに、初恋の少女への首飾りを手に入れるために船に乗り込み大海へ船出しようとした少年の眼前に広がった大西洋は、空と映しあったどこまでも透明な青。(とっ捕まって未遂。捕まって怒られていったコトバが「じゃあこれからは空想の中で大冒険します!」←真偽不明)
bon voyage ジュール・ヴェルヌ! この人の文学デビューは実は舞台脚本でもあるし(「椿姫」の作者デュマとその父ちゃんに認められてのデビュー)
伊東もお月様もにっこり。船出の準備の一番大事なもの。僕らの船の「旗」が出来上がった夜でした。

こうしてJules†ジュールの具体的な冒険がはじまったのです。
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/06/20(火) 17:27:06|
  2. Jules†誕生秘話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<天使と一緒の撮影 † 古関 | ホーム | 雨の撮影 † 監督ちゃん>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jules2003.blog65.fc2.com/tb.php/46-2094ae89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。