Jules†寄宿舎

「女性が創る透明で美しい少年世界」をテーマに、 演劇、映像作品、イベント企画をしている、Jules†少年達の日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Jules†ジュール誕生秘話 第三弾!

<前回からの続き>
とまあ、なんだかんだ引っ張りましたが、用は伊東が「トーマの心臓」「1999年の夏休み」、あとあったのが「ポーの一族」を、「やって♪」というご意見を下さったお客様のメールやアンケートを集計したところ、ウチとしたらこれすごい数だよねってことに気づき、ちょっと自分達も興味あるし・・・じゃあ、・・・ってことで、場所の仮手配から、スケジュール的に可能な期間から、公演形態・・・と詳細を全部詰めてきたんです。

「少年的なもの」への憧れはつまり「透明なもの」への憧れなのだ!
“1つ不動の美意識をもった「集団」を作り上げる”ということからはじめてみるのもアリではないかい?・・・と、解釈するにそういうこと?を、ものすごく素直なコトバで、文節とかはめちゃくちゃながら言いたいことは良~く判る!という風に書かれた「企画書」。

で、その場で決まったことは、プロデュース集団の主宰は伊東。作品はどれをやるかは伊東が詰める・・・というところまで。
後は酔いヨイヨイ♪とパンダも参加して、先の計画話で盛り上がった夜は更けていったのです。

それがどうして名作「トーマの・・・」でも「1999年・・・」でも「ポー・・・」でもなく、オリジナル脚本「砂城のビショップ」を公演することと相成ったのか。
それはまた次回の読み続きとさせていただきます♪
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/06/10(土) 23:04:46|
  2. Jules†誕生秘話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<天気になぁれ! † 古関 | ホーム | 心の中で晴れを叫ぶ † 聖美>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jules2003.blog65.fc2.com/tb.php/36-9a03e862
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。